DevRelについて

「せっかく作ったサービスがなかなか広まらない」

「大手は広告や営業力でばんばん攻めてくる」

「他社とどう差別化を考えれば良いか分からない」

IT技術の進歩によって、日々新しいサービスが生まれています。また、人気のあるサービスはあっという間に同じようなコンセプトのサービスが登場します。そのような中で他社とどう差別化し、どう広めていけば良いか頭を悩ませている方は多いでしょう。

その一助になりえるのが DevRel です。DevRelとはDeveloper Relationsの略で、外部の開発者とのつながりを形成し自社製品/サービスを知ってもらうためのマーケティング活動になります。

DevRelは開発者向け共創マーケティングです

DevRelは自社製品、サービスを外部の開発者に知ってもらうためのPRサービスです。そのための主な施策として、

  • ブログ記事や外部メディアへの寄稿
  • 自社で勉強会/セミナー開催
  • 外部コミュニティ開催の勉強会/セミナーで発表
  • オンラインコミュニティ運営
  • ソーシャルメディア運営

などの施策を行います。そうしてリアル、デジタルを通じて開発者にサービスを認知してもらう活動を継続的に行っていきます。また、同時に開発者のサービスに対する要望、ニーズを聞くことでサービスの開発へフィードバックを行っていきます。これは外部開発者と御社製品/サービスとの共創マーケティングと言えます。

コミュニティは他社が参入できない無形資産になります

勉強会やセミナー、オンラインコミュニティを通じて作られた開発者とのつながりは御社にとっての無形資産になります。これは時間をかけて形成されるものであり、ある日突然入り込んだ他社に早々に模倣できるものではありません。このコミュニティ形成こそがDevRelの重要な要素になります。

同じようなサービスがあった時、開発者の選択肢に残るためには彼らとのリレーションやマインドシェアが重要になります。DevRelにはそれを可能にするパワーがあります。

DevRelはマーケティング活動です

新サービスを作った時、開発に参加したメンバーは自主的に勉強会やセミナーを行ってくれるでしょう。しかしこれは数回で飽きて終わってしまいます。また、開発者ブログも同様です。最初こそ持ち回りで書くものの、日常業務に終われてなかなか長続きしないのが大半です。廃れて放置されているブログは、ブランドを棄損する可能性すらあるでしょう。

なぜこうなるか。それは活動を行った結果を適切に分析していなかったり、その活動自体目的をもって行っていないからです。DevRelでは適切な目標設定を行った上で、継続的に活動を行っていきます。そのためにアンケートを取ったり、メールを送ったりと適切なマーケティング活動を行います。

MOONGIFTでは組織的なDevRel活動を支援します

DevRelとはいわばエヴァンジェリスト活動です。サービスと同じ技術分野に明るい人物が御社製品/サービスの宣伝活動を行います。企業内部においてそのようなエヴァンジェリストを立てることもありますが、一人に依存してしまっている場合、その人物が退職したり異動してしまうとDevRel活動自体がなくなってしまいます。

技術動向は激しく変化しており、一旦活動を止めてしまうとあっという間に他のサービスに飲み込まれてしまいます。MOONGIFTのDevRel支援サービスでは組織的な活動となっており、バックアップ体制も含めた複数人体制で御社製品/サービスのPR活動を支援します。

提供企業について

MOONGIFTは2004年からオープンソース・ソフトウェアを毎日紹介するブログを運営しています。その執筆の中で培ったナレッジ、開発者とのコネクションをDevRelに活かしています。

もっと詳しく

最近の活動

もっと詳しく

まずはお問い合わせを!

DevRelは海外のIT企業では当たり前の取り組みになっています。他社差別化のためにもすぐにでもはじめるべきです!

  • 〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通7 日本大通7ビル 4F YBP
  • info@devrel.jp
  • 045-550-3365
  • moongift.co.jp
  • moongiftjp

アップデートを受け取る

メールアドレスを登録すると、DevRelに関する最新情報やサービスの新機能に関する情報をお届けします(スパムは送りません)。