BLOG

ブログ

DevRelの取り組みを分ける三つの価値

DevRelの取り組みを分ける三つの価値

DevRelを「開発者向け製品、サービスを広めるためのマーケティング手法」として見てしまうと、そういったサービスを作っていないと使えないものだと思ってしまいます。しかし、DevRelは開発者との良好かつ継続的な繋がり(リレーション)を形成するものなので、もっと活用できる幅が大きい取り組みです。

DevRelチームはマーケティング、開発のどちらに所属すべきか

DevRelチームはマーケティング、開発のどちらに所属すべきか

DevRelはマーケティングの一環ですが、その性質はかなり開発者寄りです。他の職種の人たちであれば問題ない行為であっても、対開発者では許されないことが多々あります。その虎の尾とも言うべき部分を理解せずに行ってしまった結果、開発者の失望を招いたという話も良く聞きます。

コミュニティの成長に見逃せない新規と既存参加者の割合について

コミュニティの成長に見逃せない新規と既存参加者の割合について

コミュニティがどんどん大きくなっていくということは、はじめて参加する人たちが多いということです。オフラインイベントを行う場合、その参加人数はイベント会場のキャパシティに左右されます。例えば50名までしか入れない会場に80名が集まったら、確実に立ち見や床に座る人たちが出てしまいます。それが許される雰囲気であれば良いですが、床が汚かったら座るのは躊躇しますよね。

DevRel戦略テンプレートがダウンロードできます

DevRel戦略テンプレートがダウンロードできます

DevRelはビジネスの一環として行われるものです。そのため、限られたリソースを十二分に活用して成果を出さなければなりません。何にフォーカスして、何を行うのか決めなければ、何となく試してしまったり、投資したコストに対する結果も測定できないでしょう。

コンテンツマーケティング「7ない」問題

コンテンツマーケティング「7ない」問題

ブログ記事をはじめとした、コンテンツマーケティングをはじめたいと思う企業は多いのですが、すぐにははじめられない事情が幾つもあるものです。今回はコンテンツマーケティングにおいて良くある課題について紹介します。これからはじめようと思っている方々は、同じ轍を踏まないようあらかじめ解決してから臨みましょう。

コンテンツマーケティングからはじめよう

コンテンツマーケティングからはじめよう

開発者向けのサービスを立ち上げた、サービスサイトも作った、ドキュメントもある程度用意した…さぁDevRelをはじめよう!しかし何から手を付けて良いか分からないという話はよく聞きます。コミュニティを作るのか、エバンジェリスト・アドボケイトを雇用するのか、ノベルティを作るのか。どれからトライすれば良いでしょうか。

技術書典6に参加しました(収益は記事の最後で)

技術書典6に参加しました(収益は記事の最後で)

技術書を書きたい人のための同人イベント、技術書典6にDevRel Meetup in Tokyoとして参加しました。技術書典5に続いて、2回目の参加です。ここでは振り返りとしてまとめてみたいと思います。

エバンジェリスト/アドボケイトをアウトソースするということ

エバンジェリスト/アドボケイトをアウトソースするということ

MOONGIFTでは2014年からエバンジェリスト代行をはじめとしたDevRelのアウトソースビジネスを行っています。かれこれ5年経ちますが、社員としてエバンジェリスト、アドボケイト(以下単にエバンジェリストとします)を雇用される企業も増えており、とても喜ばしい状況ではあります。しかし、幾つか気になる点も出てきています。そうした観点からエバンジェリストをアウトソースするという選択肢の優位性を紹介します。

DevRelCon Tokyo 2019報告会を実施しました

DevRelCon Tokyo 2019報告会を実施しました

DevRelCon Tokyo 2019が終わってほっとするのもつかの間、DevRelCon Tokyo 2019報告会を実施しました。

DevRelにおけるコンテンツマーケティングとは

DevRelにおけるコンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングと聞くと何を思い浮かべるでしょうか。多くの場合、ブログやメディアに掲載されるテキストコンテンツになるかと思います。他にも動画であったり、写真、ポッドキャスティング、スライド、マンガなども立派なコンテンツです。

UPDATE

アップデートを受け取る

メールにてDevRelに関するニュース、アップデートをお送りします。

Contact is below.